☆☆あなたの起業を超加速!!

運営:わくい経営事務所 群馬太田藪塚I.C車で48秒!融資のことならお任せ!

高確率&スピーディー!公庫・銀行融資サポート!詳しくはコチラ!

創業融資無料診断


ご存知ですか?

創業資金が比較的借りやすい日本政策金融公庫でも、融資実行率は50%以下です。

融資実行率を高めるには、融資の専門家に相談し、融資対策をしっかり準備することが大切です!

創業融資を受けるいいタイミングってあるの?

あります。

創業後3ヶ月~6ヵ月以内がベストです。

6ヵ月以上が経過してしまうと、融資実行率は非常に低くなります。

 

自分で申請したけど融資が通らなかった。再申請はできる?

再申請はできます。

ただ、ご自身での再申請は正直オススメできません

融資確率を高めるには、一度専門家へのご相談をオススメします。

 

既定の申請書の記入だけで審査は通る?

融資確率は下がります。

融資の実行確率を高めるには、裏付けとなる補足資料を作る必要があります。

専門家の後押しがあるとより確実です。

 

創業融資の無料診断のご案内!

当事務所では、新たに創業される方の銀行融資サポートをしております。

創業後の運転資金、事業拡大のための設備投資等のために金融機関からの融資をお考えの方が多くいらっしゃいますが、

漠然と金融機関に借入申込書を書いて提出すると希望する金額・利率で融資を獲得することが困難です。

借入を希望する理由・タイミング・金額について事前検討し、ご自身に最適な融資を受ける必要があります。

ご自身で日本政策金融公庫や民間の金融機関等に行かれる前に、

まずは専門家による融資のポイントを確認したうえで進めたほうが、

ご自身の希望により近い時期・金額・利率で融資が実行される可能性が高まります

そこで、日本政策金融公庫からの借入や制度融資による銀行借入等、申請前の無料診断を実施しております。

 

融資に欠かせない“創業計画書”のアドバイスをいたします!

創業期の借入には、創業計画書(≒事業計画書)の作成が必須です

当然の話ですが「金融機関の最大の関心事は、融資した資金を約束どおりに返済してもらえるのか」です。

融資担当者の立場を十分に理解した上で、これから行う事業について資料を交えてわかりやすく説明できるように準備し、かつ具体的な数字を創業計画書に示して説明しなければなりません。

創業融資無料診断では、評価の高い創業計画書作成のポイントをお伝えし、創業計画書をふまえた面談対策を行います。

 

そもそも、融資を受けることができるのかどうか?診断いたします!

上述した申請前のポイント・創業計画書のアドバイスに加えて、
融資を受けるための前提条件についてもお答えいたします。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

>>「無料相談の流れ」はコチラ

>>「お問い合わせフォーム」はコチラ