☆☆あなたの起業を超加速!!

運営:わくい経営事務所 群馬太田藪塚I.C車で48秒!融資のことならお任せ!

高確率&スピーディー!公庫・銀行融資サポート!詳しくはコチラ!

創業時は日本政策金融公庫の融資申請がオススメ!

WRITER
 

★日本政策金融公庫融資攻略ガイド★

公庫融資の攻略まとめ

▼まるでガイドブック!日本政策金融公庫攻略まとめ

やみくもに融資申請に行っても、日本政策金融公庫や銀行は受付けてくれません。お伝えする融資調達手法を一つクリアするごとに融資を引出すスピードと確率が上がります。

■その他のオススメ記事■

>>資金繰りが厳しい会社の5つの特徴

>>銀行から資金を引出す3つのポイント

「創業計画書」作成ガイド

▼創業計画書のポイントと注意点をまとめました!

日本政策金融公庫の融資を申請する際に必須の書類が「創業計画書」です。融資確率を高める創業計画書の書き方や注意点を一つ一つの項目ごとに丁寧にまとめました。

■その他のオススメ記事■

>>創業計画書の作り込み次第で融資確率UP!

>>公庫の創業融資が通りにくい前提条件とは?


この記事を書いている人 - WRITER -

いつもありがとうございます。

「群馬創業融資センター@太田」事務局です!

創業時の不安ランキングトップといえば、やはり「お金」に関することではないでしょうか?

資金については、融資、補助金・助成金、最近ではクラウドファンディングなど、調達方法は様々です。

ここでは、創業融資にオススメな日本政策金融公庫の融資についてご紹介していきたいと思います。

日本政策金融公庫の融資

いわゆる「公庫」は国営の銀行的存在で、実績の無い、又は少ない事業者にも積極的に支援している金融機関です。

融資金利も固定金利で低利のものが多く用意されているので、特に創業時に活用される方が多いです

公庫には創業時に活用できる融資がいくつかございます。

以下、代表的なものをご紹介します。

※融資情報は最新のものを必ずチェックしてください。

 

新規開業資金

新たに事業を始める方や開業7年以内の方であれば、最大7,200万円(うち運転資金4,800万円)までの融資を受けることができます。

返済期間は設備資金であれば20年以内、運転資金であれば7年以内となります。

なお、ご利用いただける方は下記に該当する必要があります

●現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方

  1. 現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
  2. 現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方

●大学などで修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方

●技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方

●雇用の創出を伴う事業を始める方 など

 

女性、若者/シニア起業家支援資金

女性または30歳未満の若者、55歳以上のシニアの方が事業を始める場合、最大7,200万円(うち運転資金4,800万円)まで融資を受けることができます。

新規開業資金と同様に返済期間は設備資金であれば20年以内、運転資金であれば7年以内となります。

 

新創業融資

新たに事業を始めてから事業開始後2期目の申告を終えていない場合、最大1,500万円まで融資を受けることができます。

返済期間は設備資金であれば10年以内、運転資金であれば5年以内となります。

 

普通貸付

普通貸付は事業を営む方であれば、ほとんどの方が利用できます。

融資限度は4,800万円(特定設備資金であれば7,200万円)の場合で、返済期間は設備資金であれば10年以内、特定設備資金であれば20年、運転資金であれば5年以内となります。

 

まずは公庫融資窓口に行ってみよう!

色々プランはわかった。

しかし、初めて融資相談をする場合には、融資窓口に行くのはとても勇気がいるのではないかと感じています。

色んな不安があるかと思いますが、当センターが言える一番のアドバイスは、

「細かいこと考えている暇があるなら窓口に相談に行ってしまえ!」です。

行ってから事業計画とか返済方法とか、利用できるプランを聞けばいいのです。

向こうもプロなので手取り足取り教えてくれます。

ここまで、言っておいてなんですが、

まずは、勇気をもってゴーしましょう!

 

まとめ

融資申し込み時には、返済計画や事業計画などの数値計画、ビジネスにかける想いを文面にして提出したりします。

こういうことは苦手だし、初めてだから不安だなという方は身近な専門家に相談されることをオススメします。

もちろんセンターも金融機関出身のプロが丁寧にサポートいたします。

※融資情報は必ず公庫窓口かHPで最新の情報を確認してください。

【参考】:日本政策金融公庫HPはこちら

今日もご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -